コンビニのレジの並び方のマナー!フォーク並びが今の基本です!




コンビニで並んでいる時に、他の人に割り込まれたなんて経験はありませんか?

列の順番のトラブルって、コンビニでよくありますよね?

でも、そんなトラブルを解消するために、最近は新しい並び方のルールがあるんです。

それは、名付けてフォーク並びです!

このフォーク並びのお陰で、トラブルが減るかと思いきや、実はそんなことも無かったりします。

なぜなら、知ってる人がまだ少なかったり、お店によっては、やってないところもあるからです!

フォーク並びは、不公平感が無くなる画期的な、並び方なので、知っておいて損は無いはずです^^

というわけで、今回はコンビニの並び方のマナーとして、フォーク並びのことを紹介します。

スポンサーリンク



コンビニはフォーム並びが主流

フォーク並びは、コンビニに限らず、実は既に多くの場所で導入されています。

例えば、銀行のATMとか、鉄道のチケット売り場などです。

きっと、見たことがあるはずですが、念のためフォーク並びがどんな並び方なのかを、図で解説しますね!

フォーク並びの図解

まず、フォーク並びはレジが複数ある場合ことが前提です。そして、レジが複数あっても、一列に並ぶのがルールです。

そして、複数あるレジのうち、どれか一つが空いたら、列の先頭の人が、空いたレジを利用します。

そのため、列に並んでない人が、空いたレジを見つけて、そこを利用するのは割り込みになってしまいます。

昔は、それぞれのレジのところに並ぶのがルールでした。でも、これだと時間がかかる客が利用しているレジに並んでいる人は、待たされてしまいます。

場合によっては、他のレジに後から並んだ人の方が、早く会計を済ませてしまうため、不公平に感じやすいわけです。

フォーク並びがトラブルの元になることも

フォーク並びは、不公平感が無い並び方です。ところが、これが新たなトラブルの原因になっています。

主な理由は次の通りです。

  • フォーク並びを知らずに割り込む
  • フォーク並びの存在を知らずに、レジの後ろに並んでしまうというものです。そのまま空いたレジを利用して、知らぬ間に割り込んでしまい、トラブルになります。

  • 店によってルールが違う
  • フォーク並びをやってるものと思って長い列に並んだら、実はフォーク並びじゃなかったというものです。「不公平じゃないか!」と不満になっちゃうわけです。

  • 店の構造がフォーク並びに不適合
  • お店の構造が複雑で、レジの前のどこに並んだら良いか分からないというケースです。並ぶ場所を間違えて、他の客に先を越されたら、不満ですよね。

フォーム並びは、不公平を感じさせない、良い並び方のはずです。

それでも、トラブルになるのは、お店が正しく運用していないからです。

実際に銀行のATMや駅の窓口は、並び方を間違えないように紐などで、誘導されています。

問題は、並び方のルールが分からないことなわけです。

では、どうすれば良いんでしょうか?

スポンサーリンク



「最後尾はどこですか?」と聞く

コンビニの並び方で、トラブルにならないための方法は簡単です。

それは「最後尾はどこですか?」とか「最後尾はここで良いですか?」と聞くことです。

店員でも他のお客さんでも、構いません。この一言でトラブルや不公平感を避けることができます。

地方のコンビニには、フォーク並びが存在しないお店もあるようです。

油断しないで、確認するようにすれば、みんなが気持ちよく、コンビニを利用できるのではないかと思います^^

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回はコンビニの並び方のマナーを紹介しました。

おさらいしておきますね。

コンビニの並び方のマナー

  • フォーク並びで並ぶ
  • フォーク並びを守って、知らぬ間の割り込みをしないようにしましょう。
     

  • 「最後尾はどこですか?」と聞く
  • フォーム並びをしてないコンビニや、並ぶ場所が分かりにくいお店があるので、最後尾の場所を確認するようにしましょう。

コンビニのレジ街のトラブルや不満は、そのお店のルールを間違ってしまうことが原因です。

よく分からなければ、人の聞くのが一番確実です!

並び方のルールをちゃんと確認することが、コンビニのレジに並ぶ時の、一番のマナーではないかと思います。

分からなかった、最後尾の場所を聞いて、スマートにコンビニを利用してくださいね!

スポンサーリンク



あなたにとって、マナーはどんなものですか?

マナーは本来、知らない人同士でも、気持ちよく過ごすことができるように考えられた、暗黙のルールだと思います。

でも、そこには人それぞれ、認識のズレや、重んじる度合いの違いがあります。また、時代と共に変わるものでもあります。そのため、最近では時に大きなトラブルが起きているように思えるのです。

「みんなのマナー」では、皆さんが、そのようなトラブルに巻き込まれないように、様々なマナーの知識を書いています。しかし、書かれているマナーを押し付けたりしません。マナーを守らない人を断じるようなこともしません。

また、それぞれのマナーは、入念に調べて、正しいと確信したものだけを書いているつもりです。

しかし、書かれていることが、絶対に正しいとは考えていません。また、読む人によっては、違うと感じるものもたくさんあると思います。

そこで「みんなのマナー」では、より正確で、有益で、思いやりのある内容に、作り変えていくために、読者の皆さんのご意見を大募集しています!

もし間違いや足りてないマナーを見つけたり、疑問を感じた場合は、ぜひ、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

マナーの重要度を示すマークの意味

「みんなのマナー」では、その記事で紹介したマナーの重要度を評価しています。

その重要度はマークで示しています。

それぞれのマークの意味はこうです。

【マークの意味】
マーク 意味
これを守らないと周りに大きな迷惑が掛かります。自分の信用も失うので、忘れずに守るようにしたいマナーです。
これを守らないことでの周りへの迷惑はそれほどでもないです。でも、できれば守っておきたいマナーです。
これを守らなくても、周りの迷惑にはなりません。でも、守ると少し信用がアップするかもしれないマナーです。
根拠や由来が謎だったり、賛否両論があるマナーです。逆に信用を失う危険があるので、注意が必要です。