待ち合わせは何分前集合がマナー?遅れない人の特徴を解説!




皆さんは時間を守る人ですか?それとも、遅刻することが多い人ですか?

私は決めた時間を、きっちり守って行動する人間です。特に待ち合わせには、約束の時間よりもだいぶ余裕を持って、到着するタイプです。

きっと、皆さんも私と同じで、時間に余裕が無い行動はしたくないですよね?

待ち合わせギリギリになるような、余裕のない行動はしたくないはずです。

では、そんな大切な待ち合わせの時には、何分前に到着すれば、良いんでしょうか?そして、どうすれば遅刻しないで済むんでしょうか?

というわけで、今回は待ち合わせ時間のマナーや、遅れないためのコツを考えてみます。

スポンサーリンク



待ち合わせには何分前に付くべき?

私は待ち合わせに遅れないというよりも、余裕を持って早めに集合する人です。でも、それは時間に遅れて焦ったり、間に合うかどうか不安になるのが、嫌いなだけなんですけどね(^^;

時間に余裕がある行動をして、心にも余裕を持ちたいわけです。

私の場合は、ちょっと心配症なだけかもしれません。でも、私ほどじゃなくても良いんですが、待ち合わせはやっぱり余裕を持つことが大事なんですよ!

5分前に到着が基本!

待ち合わせ場所に集合すべき時間は、約束した時間ではありません!

集合場所には、約束した時間の5分前に到着することが、基本中の基本です。

遅刻魔の人は、まずこの基本が分かってない人が多いようですね。

普通の人は、約束の時間に対してある程度の余裕を持って、行動したいと思うものです。ギリギリに到着するのは、他の人を不快にさせます。

真の待ち合わせ時間は、約束した時間の5分前と言っても過言ではありません。5分前集合の基本は、必ず覚えておきましょう。

ビジネスでは5分前到着は鉄則!

約束の時間の5分前に到着することは、ビジネスの世界では鉄則です!

相手に準備する余裕を持ってもらうためにも、必ず5分前に受付に到着を伝えるようにしましょう。

つまり、必ず5分前には到着しているように、更に時間に余裕を持って行動することが、大切ということです。

可能であれば、約束時間の15分前を目安に行動すると良いと思います。

ちなみに、本当に15分前に到着してしまった場合、そのまま受付に到着を伝えるのは、かえって失礼です。

早く到着してしまった場合は、適度に時間を潰すようにしましょう。

5分前に着くように計画しない!

待ち合わせの基本は5分前集合だからといって、5分前ピッタリに着くように計画するのはやめましょう。

特に目的地が遠い場合や、始めていく場所の場合は、まず計画通りには移動できないと思っていた方が良いです。

約束の時間の直前になって「ごめん道に迷っちゃった…」なんて電話するようじゃダメです(-_-;)

約束の5分前というのは、約束まで5分の余裕があるという意味ではありません。ちゃんと5分前に到着できるように、余裕を持った行動をしましょう。

遅刻すると思ったら早めに連絡!

もし、待ち合わせ時間に遅刻しそうになった時には、遅れを挽回する手段は無いと思った方が良いです。

時間短縮のためには、走るとか、駅からタクシーに乗るくらいしかありません。

でも、走ったって大した短縮になりません。タクシーだって、渋滞や信号待ちに巻き込まれたりしたら、逆にもっと遅くなることだってあります。

多少遅れても、挽回できるなんて変な自信は持たず、もし遅刻しそうだと思ったら、早めに連絡するようにしましょう!

というわけで、ここまでは待ち合わせのマナーを見てきました。

一番大事なことは、遅刻しない習慣を身に付けることですよね?では、待ち合わせに遅刻しないためには、どのようにすれば良いんでしょうか?

次は待ち合わせに遅れない人の特徴を紹介します。

スポンサーリンク



遅れない人の特徴

時間をちゃんと守る人には、どんな特徴があるんでしょうか?

私の経験や、色んな人の特徴を分析してみたところ、次のような特徴があるようです。

遅れない人の特徴

  • コスト意識がある
  • 余裕が無いのが嫌い!
  • 待ち合わせ場所付近で時間を潰している
  • 準備は済ませておく

全てが、真似できるものじゃないかもしれませんね。

でも、参考になるものもあると思いますので、一つずつ見ていきましょう!

コスト意識がある

待ち合わせに遅刻するということは、[待たせている人数]×[遅刻した時間]だけ、無駄な時間を浪費させたということです。

時間の大切さが分かっている人は、自分の時間も他人の時間も大切にする人です。

時間だけはお金で買えないものです。人を待たせないことも、思いやりではないでしょうか?

余裕が無いのが嫌い!

私もそうですが、待ち合わせに遅れない人は、遅刻しそうになった時の不安や焦りの感情が嫌いです。

移動中の時間も、気持ちに余裕を持って、有効活用したい人たちなんです。

だから、移動中の時間も楽しむことや、読書や勉強に活用することを考えると、良いかもしれませんね。

待ち合わせ場所付近で時間を潰している

移動距離が長くなるほど、予定通りにいかずに、遅刻する可能性が上がります。遅刻しない人たちは、そのことが分かっています。

そのため、スケジュールに余裕がある時には、待ち合わせ時刻よりもかなり前に、現地付近に到着するようにしています。

余った時間は、その場所を一人で楽しんだりしています。

これだって時間の有効活用の一つだと思います。

準備は済ませておく

単純なことですが、遅刻しない人は、必要な準備は事前に済ませています。

荷物や身だしなみの準備はもちろん、トイレみたいなコントロールできないものだって、事前に済ませるように意識しています。

遅刻する人というのは、出発する時点で予定より遅れている場合が多いです。

その原因は準備不足の場合がほとんどです。

準備は基本中の基本ですよ!

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回は待ち合わせのマナーを考えてみました。

こうしてみると、待ち合わせに遅刻しないコツは、余裕を持つことと準備なんだなと思います。

というわけで、待ち合わせのマナーをおさらいしておきます。

待ち合わせのマナー

  • 5分前に到着が基本!
  • 待ち合わせ場所に到着する時間は、5分前が基本です。真の待ち合わせ時刻は、約束の時間の5分前です!
     

  • 5分前に着くように計画しない!
  • 移動は予定通りに行かないことがほとんどです。特に目的地が遠かったり、初めてだったりする場合は、余裕を持って計画しましょう。
     

  • 遅刻すると思ったら早めに連絡!
  • 移動中に遅れを挽回するのは、困難です。遅刻しそうだなと思ったら、すぐに連絡するようにしましょう。

個人的には、移動の時間だって、楽しい時間にできると思います。余裕がない行動をしてしまうと、その楽しい時間も台無しです。

ぜひ、皆さんも待ち合わせ場所には余裕を持って移動して、全ての時間を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク



あなたにとって、マナーはどんなものですか?

マナーは本来、知らない人同士でも、気持ちよく過ごすことができるように考えられた、暗黙のルールだと思います。

でも、そこには人それぞれ、認識のズレや、重んじる度合いの違いがあります。また、時代と共に変わるものでもあります。そのため、最近では時に大きなトラブルが起きているように思えるのです。

「みんなのマナー」では、皆さんが、そのようなトラブルに巻き込まれないように、様々なマナーの知識を書いています。しかし、書かれているマナーを押し付けたりしません。マナーを守らない人を断じるようなこともしません。

また、それぞれのマナーは、入念に調べて、正しいと確信したものだけを書いているつもりです。

しかし、書かれていることが、絶対に正しいとは考えていません。また、読む人によっては、違うと感じるものもたくさんあると思います。

そこで「みんなのマナー」では、より正確で、有益で、思いやりのある内容に、作り変えていくために、読者の皆さんのご意見を大募集しています!

もし間違いや足りてないマナーを見つけたり、疑問を感じた場合は、ぜひ、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

マナーの重要度を示すマークの意味

「みんなのマナー」では、その記事で紹介したマナーの重要度を評価しています。

その重要度はマークで示しています。

それぞれのマークの意味はこうです。

【マークの意味】
マーク 意味
これを守らないと周りに大きな迷惑が掛かります。自分の信用も失うので、忘れずに守るようにしたいマナーです。
これを守らないことでの周りへの迷惑はそれほどでもないです。でも、できれば守っておきたいマナーです。
これを守らなくても、周りの迷惑にはなりません。でも、守ると少し信用がアップするかもしれないマナーです。
根拠や由来が謎だったり、賛否両論があるマナーです。逆に信用を失う危険があるので、注意が必要です。