おならをした時された時のマナー!大切なのは偉大なる鈍感力!




おならは誰でもするものですよね。

食事をすれば、食べた物はお腹の中で、消化吸収されます。その過程で、様々なガスが発生し、おならとしてお尻の穴から放出されます。

そのおならが予期せぬ時に出てしまうと、とても気まずいですよね。きっと皆さんも経験が、あるのではないでしょうか?

おならは誰でも出ちゃいます。どんなイケメンでも美人でも、おならは必ず出るものなのです!

おならが出ることは、健康に生きるためには、避けて通れない宿命ですよね?

だから、健全な社会生活を営む上では、賢いおならのマナーが必須です!

というわけで、今回はおならのマナーを考えてみます。

スポンサーリンク



おならには明確なマナーが無い!?

皆さんはおならをしちゃった時、されちゃった時には、どうするべきだって教わりましたか?

私は親からは「失礼しましたと言いなさい」と教わりました。でも、大人になって社会人になった今、商談中や打ち合わせ中におならをしちゃった時に、自分から申告するような事って、果たして正しいんでしょうか?

私自身、打ち合わせ中に、自分がしちゃった事も、されちゃった事もあります。

ですが「失礼しました」なんて言ったこともないですし、言われたこともありません。

でも、その場にいる人たちは、やはり誰かのおならに気付くことで、微妙な空気になります。キョロキョロと周りの人を見たり、素知らぬふりでノートにメモをしたりして、集中も途切れてしまいます。

だからと言って「失礼しました」なんて告白してしまったら、その場にいる人みんなに気を遣わせちゃうと思います。自分が言われても、どう反応すればよいか困ってしまうと思います。

実はおならって、我慢することが求められるものです。そして、どうしてもダメな場合は、非常手段として、音を出さない“すかしっ屁”が推奨されます。

つまり、しないことが前提で、しちゃった時のマナーが明確じゃないんですね。

健康な人は、絶対におならが出るものです。だから、みんながおならをすること前提で、賢いマナーを考えることが重要です。

というわけで、次からは自分がしちゃった時とされちゃった時に分けて、マナーを考えてみます。

おならの原因と量

おならの原因になるのは、主に食物繊維です。人間の持つ消化酵素では、多くの種類の食物繊維を消化できません。

そこで、消化できずに残った食物繊維が大腸に到達すると、腸内細菌の働きによって、分解されます。その分解の過程で、水素やメタンガスが発生して、おならの元となります。

また、消化しきれなかったタンパク質や、ニンニクやネギなどの硫黄分が多い食べ物は、硫化水素、インドールやスカトールといういわゆるウンチの臭いがするガスの元になるため、おならが臭くなります。

ちなみに健康な人は、1日に0.5l~1.5lものおならが生成されているそうです。牛乳パック1個分前後と考えると、かなりの量ですよね。

スポンサーリンク



おならをしちゃった時

まずは自分がおならをしちゃった時のマナーを考えてみましょう。

ポイントは平常心を保つことです(笑)

これっぽっちも表情に出したりしちゃダメですよ!

素知らぬふりをする

おならをしちゃった時に、出てくる感情はまずですね。そして、その次は罪悪感ではないかと思います。

でも、うろたえてはいけません。ここでグッと平常心を保って、完全に素でいましょう

謝罪したって、その場の全員が気まずくなるだけです。誰かがおならしたことなんて、どうせ数分経てば、みんな忘れてしまうことです。

おならなんて、くしゃみと一緒です!突然、くしゃみをしちゃった人を誰も責めたりしないですよね?

それと同じようなものだと考えて、平然と話を進めましょう。

謝罪する

とは言え、どう考えてもシラを切ることが、難しい場合だってあります。

ちょっとの音なら、紙が破れたり、椅子を引いた時の音に聞こえることもあるので、ごまかせるかもしれません。

でも、プリプリプリって音が鳴っちゃったり、大音量になってしまった時など、どう考えてもおならとしか聞こえない場合もあると思います。

そのような度を越した場合だけは「失礼しました」と謝罪するようにしましょう。

また、家族や友人など、たとえおならを聞かれても気まずくならない関係の場合は、ごまかす必要なんてありません。

この場合は、ちゃんと謝らない方が失礼なので、ちゃんと謝りましょうね。

トイレに行く

最も良いのは、おならがしたくなったらトイレに行くことです。

「お腹が張ってるな…」とか「さっきからおならが止まらない」なんて時には、無理せずトイレに行っちゃいましょう。

おならの発生源は、消化しきれてない食べ物、つまりウンチです(^^;

だから、サッサとトイレでウンチを出してしまった方が、根本的な解決になります。

生理現象なんですし、たとえ打ち合わせ中でも、無理せずトイレに行ってしまいましょう!

騒々しい場所ならそのまま放つ!

実はおならって、そんなに大きな音ではありません。

例えばオフィスであっても、コピー機の音とか電話の音が鳴ってる時なら、近くでおならをしても、全然聞こえません。

近くを車が通るような屋外だったら、まず聞こえません。騒々しい繁華街なら、なおさらです。

屋外では臭いだって、すぐに拡散するので、気にせずしちゃいましょう!

何を隠そう、私が一番多用するのがこの方法だったりします(*^^)v

スポンサーリンク



おならをされた時

では、おならをされちゃった時は、どうすれば良いんでしょうか?

これも自分がしちゃった時と、全く同じように平常心を保つことがポイントです!

指摘しない

まず、絶対にやっちゃいけないのが、指摘することです。

「今、おならしたでしょ?」なんて言っちゃうのは、もはやパワハラセクハラと同じです!

おならは生理現象なので、問題視する方が間違っているものです。

くしゃみする人に「くしゃみを我慢しろ!」なんて言わないですし、汗をかいている人に「汗を止めろ!」なんて言わないのと一緒だと思います。

誰かのおならに気付いても、気にしないようにしましょう!

動揺した素振りを見せない!

おならの音に気付くと、気になっちゃうものだと思います。

それでも、集中を乱したり、動揺した素振りを見せないようにしましょう。

“明日は我が身”です。おならには気付かなかったふりをして、今まで変わらぬ態度でいましょう。

キョロキョロして、犯人を捜すなんてやっちゃダメです!

江戸時代に本当に存在した「屁負比丘尼」という仕事

おならをしちゃった時の気まずさというのは、昔から同じだったようです。特に身分の高い人にとっては、信用に関わる重大事でした。

そこで、江戸時代には「屁負比丘尼(へおいびくに)」とか「屁こき比丘尼(へこきびくに)」と呼ばれる職業が存在しました。

身分の高い女性に同行して、その女性がおならをした時に「私がしました」と申し出て身代わりになるんだとか…

そんなんで仕事になるなら、私やりたいです…。

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回はおならをした時のマナーを考えてみました。

もう一度おさらいしておきましょう。

おならのマナー

  • 素知らぬふりをする
  • おならをしちゃった時には、平常心を保って、素知らぬふりをしましょう。動揺した素振りを見せて、周りに気付けれてしまうと、みんな気まずいです。
     

  • 謝罪する
  • おならをしたことが明らか過ぎる場合に限り、謝罪しましょう。また、親しい間柄の人に対しては、必ず謝りましょうね。
     

  • トイレに行く
  • 一番良いのはおならの元を断つことです。ガスが溜まっているのを感じたら、無理せずトイレに行きましょう。
     

  • 騒々しい場所ならそのまま放つ!
  • 世の中は意外に騒々しくて、おならの音なんて聞こえません。屋外の騒々しい場所などでは、気にせずおならをしてしましょう。
     

  • 指摘しない
  • 誰かのおならに気付いても、指摘するのはやめましょう。もはやそれはパワハラ・セクハラに似た行為です。
     

  • 動揺した素振りを見せない!
  • 誰かのおならに気付いても、キョロキョロして動揺した素振りを見せず、気付かぬふりをしましょう!

おならというのは、健康な人間にとって、宿命的なものです。

これを恥ずかしいとか、失礼と考える方が、無理があります。

自分がしちゃう時もあれば、されちゃう時もあると思います。

お互い様だと思って、おならに気付いても素知らぬふりで通しましょうね!

スポンサーリンク



あなたにとって、マナーはどんなものですか?

マナーは本来、知らない人同士でも、気持ちよく過ごすことができるように考えられた、暗黙のルールだと思います。

でも、そこには人それぞれ、認識のズレや、重んじる度合いの違いがあります。また、時代と共に変わるものでもあります。そのため、最近では時に大きなトラブルが起きているように思えるのです。

「みんなのマナー」では、皆さんが、そのようなトラブルに巻き込まれないように、様々なマナーの知識を書いています。しかし、書かれているマナーを押し付けたりしません。マナーを守らない人を断じるようなこともしません。

また、それぞれのマナーは、入念に調べて、正しいと確信したものだけを書いているつもりです。

しかし、書かれていることが、絶対に正しいとは考えていません。また、読む人によっては、違うと感じるものもたくさんあると思います。

そこで「みんなのマナー」では、より正確で、有益で、思いやりのある内容に、作り変えていくために、読者の皆さんのご意見を大募集しています!

もし間違いや足りてないマナーを見つけたり、疑問を感じた場合は、ぜひ、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

マナーの重要度を示すマークの意味

「みんなのマナー」では、その記事で紹介したマナーの重要度を評価しています。

その重要度はマークで示しています。

それぞれのマークの意味はこうです。

【マークの意味】
マーク 意味
これを守らないと周りに大きな迷惑が掛かります。自分の信用も失うので、忘れずに守るようにしたいマナーです。
これを守らないことでの周りへの迷惑はそれほどでもないです。でも、できれば守っておきたいマナーです。
これを守らなくても、周りの迷惑にはなりません。でも、守ると少し信用がアップするかもしれないマナーです。
根拠や由来が謎だったり、賛否両論があるマナーです。逆に信用を失う危険があるので、注意が必要です。