自転車に乗る時のマナー!本当に車道を走らなきゃいけないの?




交通事故と言えば、自動車が引き起こすものと思いがちですよね。でも、最近では自転車が起こす交通事故が増えています。

そのような自転車の事故の原因の多くが、マナー違反がきっかけのものなんです。

皆さんも、マナーの悪い自転車に、イライラさせられたことがあるかもしれませんね。

自動車を運転している人だと、歩行者と車両のルールを都合よく使い分ける自転車に、イライラさせられた経験もあるかもしれませんね。

でも、私の場合、普段からどちらも乗るので、両方の言い分がよく分かるんですよね(^^;

結局、一番の解決策は、マナーを守ることではないかと思います。

というわけで、今回は自転車に乗る時のマナーを考えてみます。

スポンサーリンク



基本は車道を走る

自転車は、車道を走るのが原則です。

でも、皆さんは実際に車道なんて走れますか?

例えば、時速60Kmの自動車がビュンビュン走る国道を、自転車で走れるでしょうか?

たまに性能の良い自転車が、かなりの高速で走っていることもあります。しかし、ほとんどの人が乗ってるママチャリでは、国道を走るなんてとても無理ですよね。

自転車が車道を走るべきかどうかには、賛否両論あります。

事実上無理なことを、道路交通法上でそのままにしているわけにもいかないので、最近では車道の脇に、自転車用の道を作ることを推進しているようです。

道路交通法の原則にこだわって、危険な道を走ることなんてないですよね。

適宜、安全な道を走るようにしてみてください。

ちなみに車道以外で、自転車が走って良い道には、次のような標識があります。

左が自転車専用、右が自転車と歩行者が通行できる道です。

スポンサーリンク



歩道では道路側を走る

標識などで、自転車が通行して良いとされている歩道があります。

そのような歩道では、自転車は車道に近い側を走りましょう。

大抵の場合は、歩道が色分けされて、自転車と歩行者が通行する部分が分かるようになっています。

その色分けに従って、通行するようにすればOKです。

スポンサーリンク



車道では左側を走る

車道では左側を走るようにします。

こうすることで、自動車が追い越しやすくなり、自分も“比較的”安全に走ることができます。

くれぐれも対向車線を逆走するのは、本当に危険なのでやめましょう。

ちなみに最近では、このような自転車専用レーンも増えています。自転車のための道なので、利用すると良いと思います。

スポンサーリンク



やむを得ない場合は歩道を走る

実は車道を走るのが危険な時など、やむを得ない場合は、歩道を走ることもあると思います。

車道は危険だからといって、歩道を我が物顔で走るのもNGです。

歩道はあくまでも歩行者優先の道です。

歩行者にとって、歩道を高速で走る自転車は、とっても怖いものです。

歩行者の近くでは、速度を緩めて徐行し、混んでいる場合は、手で押して進むようにしてくださいね。

夜間はライトを点ける

自転車のライトは、周りから自分を見つけやすくする、大切なものです。

歩行者も自転車に気付くことができて、危険を回避しやすくなります。

また、自動車からも見つけやすくなるため、事故を防ぐことができます。

ライトを点けることは、むしろ自分のためなので、忘れずに点けましょうね。

飲酒運転はダメ!

意外に知らない人もいるようですが、自転車も飲酒運転は禁止です。

酔ってる状態で、車を運転したら危険なのと同じで、自転車も酔ってる状態で乗るのは、危険に決まっています。

むしろ、自転車の場合は、平衡感覚が求められるので、自動車よりも、もっと危険かもしれません。

自転車でも飲酒運転は、やっちゃダメですよ!

自動車用の標識を意識する

自転車は、”自動車用の標識を守らなくて良い”、と誤解している人が多いようです。

でも、自転車は道路交通法では”軽車両”とみなされ、道路標識を守る義務があります。

特に守った方が良いのが、”止まれ”の標識です。

この標識がある場所は、見通しが悪く、出会い頭の衝突が起きやすい場所です。

交通標識の知識が無い人でも、この標識がある場所では、一時停止した方が良いですよ!

並走しない

家族や友人と一緒に走る時には、つい並んで走りたくなりますよね。

でも、これって立派な違反行為なんです。なんと最高で2万円の罰金を取られる可能性があります!

そもそも、隣の人と話しながら、自転車を運転するなんて危険ですよね。

話すのは目的地に着いてからで良いんじゃないでしょうか?

ベルはどいての合図ではない!

一番多いマナー違反は、ベルの使い方です。

自転車のベルは、周りの人に自分の存在を知らせて、危険を回避してもらうために使うものです。

決して「道を空けてください」とか「どいてください」の意味で使っちゃダメです。

「何が違うんだ!」って思うかもしれませんね。違いは、自分のためなのか、相手のためなのかです。

実はみだりにベルを鳴らすのも、立派な違法行為なので、やめてくださいね。

傘差し運転をしない

雨の日に傘を差しながら、片手運転するのも、危険な行為ですよね。

強い風が吹けば、バランスを崩して危険です。

そもそも片手運転自体が、危険な行為です。

私も傘差し運転して、転んで大怪我したことがあります。

あまり自分の技術を過信せず、雨の日には自転車を置いていく勇気も持ちましょう。

スマホながら運転をしない

最近、多いのが、スマートフォンをいじりながら自転車に乗る人です。そこまでして、スマホをいじりたいなって、いったい何をしてるんでしょうか…。

実はスマートフォンをいじりながら運転するのは、酒に酔っている時よりも判断力が低下するそうです。

自分にも周りの人にも、非常に危険な行為なので、やめましょうね。

私はそんな器用な真似できないので、単純に凄いなと思ってしまいますけどね(^^;

音楽を聴きながら運転しない

自転車を運転する時には、音楽を聴くのはやめましょうね。

そういう人に限って、背後から迫っている自動車に気付かず、道路の真ん中を走り続けていたりします。

ひどいとクラクションを鳴らしても、気付かない人も見かけたことがあります。

死にたくなかったら、両耳は開けた状態で、運転してくださいね。

まとめ

今回は自転車を運転する時のマナーを紹介しました。

なんだか説教臭くなってしまいましたが、それもこれも自分が自転車も自動車も運転するからです。

どちらの気持ちも分かるからこそ、安全を考えた運転をして欲しいなと思います。

というわけで、最後におさらいしておきますね!

自転車の運転マナー

  • 基本は車道を走る
  • 自転車は”軽車両”なので、基本的には道路を走る必要があります。でも、このルールに真面目に従うと、危険な道路もあるので、無理しないようにした方が良いです。
     

  • 歩道では道路側を走る
  • 自転車の通行が認められている歩道の場合でも、自転車は車道寄りを走るようにしましょう。
     

  • 車道では左側を走る
  • 車道を走る時には、車線の左側に寄って、走りましょう。
     

  • やむを得ない場合は歩道を走る
  • 車道を走るのが危険な時は、歩道を走るのも認められています。ただし、歩行者が優先なので、混んでいる時は徐行したり、手で押して進みましょう。
     

  • 夜間はライトを点ける
  • 夜は安全のために、ライトを点灯させてくださいね。
     

  • 飲酒運転はダメ!
  • 飲酒運転は、自転車でもNGです!実際に、酔っぱらった状態で運転するのは、本当に危険なので絶対に止めましょうね!
     

  • 自動車用の標識を意識する
  • 自転車も道路標識を守る義務があります。都合の良いように解釈せず、ルールを守ってくださいね。
     

  • 並走しない
  • 並走して走るのは、通行の妨げにもなりますし、注意力も散漫になって危険です。縦に連なって運転するようにしてくださいね。
     

  • ベルはどいての合図ではない!
  • ベルを鳴らす時は、相手が危険な時だけです。”どいてください”の意味で使わないようにしましょう。
     

  • 傘差し運転をしない
  • 雨の日に傘を差しながら走るのも危険です。バランスを崩しやすいのでやめましょうね。
     

  • スマホながら運転をしない
  • スマートフォンをいじりながら運転するのは、自分も他人も危険に巻き込む行為です。飲酒運転よりも危険なのでやめましょう。
     

  • 音楽を聴きながら運転しない
  • 運転中に音楽を聴くと、周り状況が分からなくなり、邪魔で迷惑です。更に事故にも、巻き込まれやすくなるため危険です!これもやめてくださいね。

一言で言えば、自転車に乗ってる時は、運転に集中してサッサと目的地に到着しましょう。

やりたいことは、それから好きなだけやるべきです。

皆さんも自分の技術を過信せず、マナーを守って安全運転してくださいね!

スポンサーリンク



あなたにとって、マナーはどんなものですか?

マナーは本来、知らない人同士でも、気持ちよく過ごすことができるように考えられた、暗黙のルールだと思います。

でも、そこには人それぞれ、認識のズレや、重んじる度合いの違いがあります。また、時代と共に変わるものでもあります。そのため、最近では時に大きなトラブルが起きているように思えるのです。

「みんなのマナー」では、皆さんが、そのようなトラブルに巻き込まれないように、様々なマナーの知識を書いています。しかし、書かれているマナーを押し付けたりしません。マナーを守らない人を断じるようなこともしません。

また、それぞれのマナーは、入念に調べて、正しいと確信したものだけを書いているつもりです。

しかし、書かれていることが、絶対に正しいとは考えていません。また、読む人によっては、違うと感じるものもたくさんあると思います。

そこで「みんなのマナー」では、より正確で、有益で、思いやりのある内容に、作り変えていくために、読者の皆さんのご意見を大募集しています!

もし間違いや足りてないマナーを見つけたり、疑問を感じた場合は、ぜひ、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

マナーの重要度を示すマークの意味

「みんなのマナー」では、その記事で紹介したマナーの重要度を評価しています。

その重要度はマークで示しています。

それぞれのマークの意味はこうです。

【マークの意味】
マーク 意味
これを守らないと周りに大きな迷惑が掛かります。自分の信用も失うので、忘れずに守るようにしたいマナーです。
これを守らないことでの周りへの迷惑はそれほどでもないです。でも、できれば守っておきたいマナーです。
これを守らなくても、周りの迷惑にはなりません。でも、守ると少し信用がアップするかもしれないマナーです。
根拠や由来が謎だったり、賛否両論があるマナーです。逆に信用を失う危険があるので、注意が必要です。