階段の上り下りのマナー!知らなきゃ恥かく細かいルールとは?




普段、何も気にせず上ったり下りたりしている階段にも、やっぱりマナーが存在します。

結構細かいものが多いので、普通に生活していると、知らないものが結構多いんです。

特に仕事の時などは、あまりお客さんと階段を上り下りすることも少ないと思います。突然、階段を利用する時なんかには、あらかじめ知識が無いと、正しい振る舞いができないかもしれません。

いざという時のために、マナーの知識を頭の中に入れておくことは、重要ですよね!

というわけで、今回は階段を上り下りする時のマナーを紹介します。

スポンサーリンク



足音は静かにする

階段は音が響きやすい場所です。そのため、ちょっと足音が騒音になって、周りの迷惑になることがあります。

仕事中などは、革靴など、底が硬くて足音が出やすいことが多いと思います。

そのような時には、特に注意して、足音が迷惑にならないように、静かに上り下りしてみてくださいね。

スポンサーリンク



走って上り下りしない

階段を走って、上り下りするのはやめましょう。

単純に自分も周りの人も、危険だからです。

足音も大きくなるので、走るのは二重の意味でNGです!

階段一段抜かしについて
階段を一段抜かしで上る人が、たまにいますよね。目的は早く移動するためや、トレーニングのためのだと思います。

でも、これはあまり意味が無いのだそうです。

移動速度に関しては、確かに少し早くなるのですが、体の負荷が大きいので、すぐに疲れてしまいます。

また、トレーニング効果に関しては、一段抜かしの方が確かに負荷は大きいです。しかし、上りきるまでの時間が、一段ずつの方が長いため、結果的に消費カロリーは、一段ずつ上った方が多いのだそうです。

誰かと一緒に歩いている時も、一段抜かしは見た目が良くないですね。こう考えると、階段を一段抜かしで上るメリットは無さそうです(^^;

スポンサーリンク



知っている人とすれ違う時には挨拶する

階段で知っている人とすれ違う時には、挨拶をするのがマナーです。ていうか、これは階段に限らずですね(^^)/

職場であれば「お疲れ様です」で良いと思います。

相手に同行者がいる時など、あまり声をかけない方が良さそうな場合は、軽く会釈するのでも良いと思います。

スポンサーリンク



最短距離を行けるように譲る

目上の人と階段ですれ違う時には、相手が最短距離を行けるように譲ります。

通常は階段の内側の方を空けて、相手を通してあげると良いです。

もし、相手が扉から外に出ようとしている場合は、扉への道を空けて譲るようにします。

相手の行き先を判断して、素早く最短の道を譲ってあげてください。

上る時も下りる時も常に自分が下

仕事のお客様など、目上の人を案内する時には、常に自分が下に位置するようにします。

これは相手よりも目線が下になるようにして、へりくだる意味があります。

また、相手が躓いたり転んだ時に、支えたり保護することもできます。

これはビジネスシーンでは、必ず覚えておきたいマナーですね。

横並びになる時には目上の人を手すり側にする

横並びになりたがる人の場合は、相手が手すり側になるようにします。

こうして、相手が上り下りしやすいように配慮します。

手すりが無い階段の場合は、移動距離が少なくなるように、相手が内側になるようにすると、良いと思います。

急いでいる人には道を譲る

階段を上り下りしていると、後ろから人が追い付いてくることもあるかもしれません。

そのような場合は、差支えが無ければ、一旦立ち止まって、道を空け、先に行かせてあげると良いです。

その方が自分もその人も、気持ち良く移動する事ができるはずです。

まとめ

というわけで、今回は階段の上り下りのマナーを紹介しました。

もう一度おさらいしておきましょう!

階段のマナー

  • 足音は静かにする
  • 階段は音が響く場所です。騒音にならないように、意識して静かに上り下りしましょう。
     

  • 走って上り下りしない
  • 自分も他人も危険なので、階段では走って上り下りしないようにしましょう。
     

  • 知っている人とすれ違う時には挨拶する
  • 知っている人とすれ違う時には、挨拶や会釈をしましょう。
     

  • 最短距離を行けるように譲る
  • 目上の人とすれ違う時には、相手が最短距離を行けるように、道を譲りましょう。
     

  • 上る時も下りる時も常に自分が下
  • お客さんや目上の人と一緒の時には、上る時も下りる時も常に自分が下にいるようにしましょう。
     

  • 横並びになる時には目上の人を手すり側にする
  • 目上の人と横並びで、階段を上り下りする場合は、相手が手すりがある方になるようにしましょう。
     

  • 急いでいる人には道を譲る
  • 後から急いでいそうな人が来たら、道を空けて先に行かせてあげましょう。

階段を上り下りするだけでも、色んなマナーがあるんですね~。

マナーを気にする必要がある人と、階段を上り下りする機会ってそんなに無いかもしれません。

でも、覚えておくと、いざという時にクールに振舞うことができますよ!

ぜひ、覚えておいてくださいね(^^;

スポンサーリンク



あなたにとって、マナーはどんなものですか?

マナーは本来、知らない人同士でも、気持ちよく過ごすことができるように考えられた、暗黙のルールだと思います。

でも、そこには人それぞれ、認識のズレや、重んじる度合いの違いがあります。また、時代と共に変わるものでもあります。そのため、最近では時に大きなトラブルが起きているように思えるのです。

「みんなのマナー」では、皆さんが、そのようなトラブルに巻き込まれないように、様々なマナーの知識を書いています。しかし、書かれているマナーを押し付けたりしません。マナーを守らない人を断じるようなこともしません。

また、それぞれのマナーは、入念に調べて、正しいと確信したものだけを書いているつもりです。

しかし、書かれていることが、絶対に正しいとは考えていません。また、読む人によっては、違うと感じるものもたくさんあると思います。

そこで「みんなのマナー」では、より正確で、有益で、思いやりのある内容に、作り変えていくために、読者の皆さんのご意見を大募集しています!

もし間違いや足りてないマナーを見つけたり、疑問を感じた場合は、ぜひ、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

マナーの重要度を示すマークの意味

「みんなのマナー」では、その記事で紹介したマナーの重要度を評価しています。

その重要度はマークで示しています。

それぞれのマークの意味はこうです。

【マークの意味】
マーク 意味
これを守らないと周りに大きな迷惑が掛かります。自分の信用も失うので、忘れずに守るようにしたいマナーです。
これを守らないことでの周りへの迷惑はそれほどでもないです。でも、できれば守っておきたいマナーです。
これを守らなくても、周りの迷惑にはなりません。でも、守ると少し信用がアップするかもしれないマナーです。
根拠や由来が謎だったり、賛否両論があるマナーです。逆に信用を失う危険があるので、注意が必要です。